正しい歯磨きの仕方

見た目が美しくて中身も良い女性でも、近づいた時に口が臭かったら、相手をガッカリさせてしまいます。そんなちょっと残念な女性にならないためにも、大人のエチケットとして、口臭を予防するケアを日ごろから心がけましょう。

口臭ケアというと、口のニオイにアプローチするデオドラント用品がたくさん販売されているので、それらの商品を思い浮かべるかもしれません。しかし、口臭ケアの基本となるのは、やはり“歯磨き”です。歯磨きがしっかりできていないと、どんなに良い歯磨き粉やデオドラント用品を使っていても、それらの効果を十分に感じることはできないでしょう。

ここでは、正しい歯磨きの仕方を紹介するので、毎日のお口のエチケットとして、今日から始めてください。

・虫歯予防には「直角磨き」

歯ブラシの毛先を歯の面と直角になるように軽く当てて、前後に小刻みに動かして汚れを取ります。大きく動かしたり、力を入れたりすると、歯ブラシの毛先が寝てしまって汚れがきれいに落ちないので、毛先を立てて細かく動かしましょう。奥歯を磨く時は、噛む面に付いた汚れをかき出すように毛先を当てて、歯肉はこすらないように気をつけましょう。

・歯周病予防には「斜め磨き」

歯と歯茎の境にある溝を「歯周ポケット」と呼びますが、そこにたまった汚れを除去するための磨き方です。ペンを持つ時のように歯ブラシを握り、歯周ポケットに毛先を向けて、45度くらいの斜めの角度に当て、左右に小刻みに優しく磨きます。

この時、歯周ポケットから毛先が離れないようにしましょう。また、力を強く入れて磨くと、歯茎が傷ついてしまうので、必ず優しくブラッシングしてください。

・就寝前は「丁寧磨き」

近年の研究によると、歯磨きを1日3回短い時間行うよりも、1日1回しっかりと丁寧に磨いた方が、虫歯や歯周病の予防に効果があると報告されています。そのため、1日に何度も磨くことができない人は、1日の締めくくりとなる就寝前のタイミングで、リラックスしながらゆっくりと時間をかけて歯磨きをすると良いでしょう。

また、歯ブラシによるブラッシングだけでは、プラーク(歯垢)や食べかすを完全に取り除くことは難しいと言われています。歯間部のプラークを効率的に除去できる「歯間ブラシ」や「デンタルフロス」などを利用することをおすすめします。

歯間ブラシやデンタルフロスは、1日に1回、就寝前の歯磨きの時に一緒に行うのが理想です。ブラック融資