ストラップなどで固定するタイプ

洗濯可能で繰り返し使える汗取りパッドもあります。このタイプは、ストラップが付いていて肩に固定したり、
ブラジャーのストラップに固定したりするのが一般的です。

多くが布製で、洗って何度も使えるので、コストを抑えたい人におすすめです。

ただ、着用する際に手間がかかることもあり、慣れないうちは、着用に時間がかかったり、
すぐにズレたりすることもあります。また、長時間着用していると、ストラップが触れる部分が痛くなることもあるようです。

〇肌に直接貼るタイプ

汗が気になる部分に直接貼るので、パッドがズレたり汗じみしたりする心配がありません。しかし、長時間パッドが肌に密着しているので、ムレたり刺激になったりすることもあります。また、わき毛の処理をしていないと、はがす時に痛みを感じることもあります。

今回は、汗取りパッドを選ぶポイントとして、装着方法に注目して紹介しました。その他、選ぶポイントとして、服に合わせた色、消臭や抗菌などのプラスの効果、香りなども確認すると、自分に合ったものが見つかると思います。ブラック融資