汗取りパッドの装着方法

「汗取りパッド」は、汗じみや黄ばみを防ぐことができるエチケット用品です。汗をかく夏だけでなく、運動をする時、緊張やストレスを感じる時など、女性でもわき汗が気になる場面は意外と多いです。

仕事やデートなどで恥ずかしい思いをしないためにも、女性のエチケット用品の1つとして用意しておきましょう。

汗取りパッドには、消臭作用や抗菌作用のあるもの、直接肌に貼るタイプや服に貼るタイプなど、商品によって、特徴や使い方がさまざまです。ここでは、汗取りパッドを選ぶポイントとして、装着方法に注目して紹介します。あなたのライフスタイルや目的に合ったものを見つけましょう。

汗取りパッドは、商品によって装着方法が異なり、大きく分けると「服に貼るタイプ」「ストラップなどで固定するタイプ」「肌に直接貼るタイプ」の3種類があります。それぞれのタイプの特徴を紹介します。審査が甘い消費者金融〇服に貼るタイプ

汗取りパッドの中で最も多いタイプです。粘着テープが衣類に貼る面に付いており、服のわき部分に挟むように貼って使用します。装着が簡単で、肌への刺激も少なく、使い捨てできるのが魅力です。薄くてかさばらないので、外出時も携帯しやすく、汗をたくさんかいた時は、トイレなどでサッと取り替えられるのもメリットです。

ただ、衣類によってはわきにフィットしなかったりズレたりして、汗を的確に吸収できないこともあります。また、使い捨てできるというのは、夏場など毎日のように使う場合は、コストがかさむこともあるので、メリットでもありデメリットでもあると言えます。