「ワキガ」とは?

女性にとって、ニオイケアは当然のエチケットとなっているようです。あなたもいろんなデオドラント用品を使うなど、普段からさまざまなケアを行っていると思います。

その中でも、「ワキガ」に悩んでいる女性もいるでしょう。なんとか直したくて、ワキガに効果的なデオドラント用品を使ってきた方もいると思います。ここでは、自分を悩ませるだけでなく、周りの人にも不快にさせてしまう厄介なワキガについて解説します。

「ワキガ」は、わきから特有のニオイが放たれる症状で、医学的には、「腋臭症(えきしゅうしょう)」や「アポクリン臭汗症」と呼ばれています。そのニオイは人によって違い、鉛筆の芯のようなニオイ、古い雑巾のようなニオイ、納豆のようなニオイ、鼻にツンとくるすっぱいニオイなどに例えられます。

では、ワキガはなぜ発生してしまうのでしょうか?その原因は、主に、私たちの体の中にある“汗腺”です。人間は、「エクリン腺」と「アポクリン腺」という2種類の汗腺があります。エクリン腺は、ほぼ全身の体表面に分布しており、分泌される汗は99%がサラサラした水分なので、しっかり拭き取れば、嫌なニオイがすることはありません。

しかし、アポクリン腺は、わきの下や耳の穴、生殖器の周辺などに存在しており、脂質やタンパク質などのニオイのもととなる成分を含むベタベタした汗が分泌されます。そして、ワキガの原因になるのが、このアポクリン腺から出る汗です。アポクリン腺から出るベタベタした汗に含まれる皮脂を、皮膚表面の細菌が分解する際に、強いニオイを発生させるのです。

アポクリン腺は第二次性徴となる思春期の頃に発達し、ワキガの症状が現れます。これは、“フェロモン”と深く関係していると言われます。犬が、互いのニオイを嗅ぎ合って情報を知るのと同じように、人間も古来、わきのニオイを一種のフェロモンとして、縄張りを主張したり、異性を引き寄せたりするために使われていたそうです。

ワキガになりやすい人とは、どんな人でしょう?アポクリン腺は、ほぼ遺伝子によって発達しやすさが決まると考えられています。そのため、両親にワキガの症状が見られる場合は、その子供も発症する確率が高くなります。

「ワキガになりやすい性別は?」という疑問をもっている人もいるでしょう。性別に関しては、男女どちらも発症しますが、アポクリン腺の数と毛の量には関係があると言われているので、エチケットとして普段からわき毛の処理をしている女性に比べて、男性の方がニオイがきつくなるようです。
ホームページ集客代行